駆除をするために必要な知識を身につけよう

被害を抑える

ハクビシンによる被害を抑えるためには、早めに駆除することが大切になります。専門業者に依頼をすることや自分で対策することも出来ます。被害を抑えるためには、しっかりと捕獲することが大切です。

詳細を確認する

はちの駆除

家庭でよく見るハチとして、アシナガバチがいます。アシナガバチ駆除をする時には、専門業者に依頼をすることで安全に駆除する事が出来ます。また、自分でも駆除することが出来ます。

詳細を確認する

生態を知って駆除

住まいに住みついている害虫を退治したいと思っているなら、害虫駆除を行なってくれるところをこちらのポータルサイトで見つけましょう。

生息域が広がるハクビシン

ハクビシンは白鼻心と感じで書くように鼻の中央が白くなったイタチのような哺乳類です。もともと日本には生息していなかったと思われますが、毛皮を取るために中国から日本に連れてこられたハクビシンが野性化したものと思われています。果物や昆虫など雑食性で何でも食べる上に、環境適応力も高く、繁殖力も高いため、徐々に日本での生息範囲を広げています。1950年代頃までは本州でのみ見られていましたが、現在では四国や北海道でも確認されるようになってきました。 ハクビシンは民家の屋根裏などに巣を作ってすみつくこともあって、糞尿による悪臭被害が発生しています。他にも果樹園被害も発生していて、対策が必要になってきています。

許可なく捕獲することは禁止です

ハクビシンは果樹園がある郊外地域の民家に住みつくことが多かったので、郊外での対策が多くされていましたが、最近では都市部でも目撃されるようになって対策が必要になってきました。ハクビシンは東南アジアにもともと生息していたため、冬でも暖房で暖かい都市部の民家に住みつくようになったと思われます。 天井にシミがついていたり、夜に物音がする場合には、ハクビシンが住みついている可能性があります。ハクビシンは一度追い出しても、小さな隙間から簡単に入り込めるので、完璧な住居対策をしなければなりません。ハクビシンを駆除するには、個人的には鳥獣保護法によりできません。市町村に相談の上、害獣駆除業者に対策を依頼するようにしてください。

特徴と生態

ハクビシン駆除をする時には、ハクビシンの特徴や生態を知ることで有効な対策をすることが可能に成ります。また、専門業者は、生態や特徴を知っているので、確実に駆除することが出来ます。

詳細を確認する

木を土に変える

シロアリは、木を土に変えることが出来ます。そのため、自宅にシロアリがいると家が崩壊する危険性があります。直ぐにシロアリ駆除をする必要性があります。専門業者に依頼をすることでいろいろな駆除方法をしてくれます。

詳細を確認する