駆除をするために必要な知識を身につけよう

特徴と生態

ハクビシンの生態と特徴を知ろう

天井裏に何かが棲みついている形跡がある場合、それはハクビシンかもしれません。ハクビシン駆除の前に、ハクビシンの特徴と生態を知っておきましょう。 ハクビシンは、体長50〜75cmでネコのようなしなやかな体つきです。特徴は、額から鼻にかけて入っている白い線で、体毛は灰褐色・黄褐色です。木登りが得意なので、天井裏に簡単に入り込んで棲みつくと、糞尿による被害が発生します。ハクビシンは同じ場所に排泄するため、強烈な臭いがあり、天井板が腐って抜け落ちることもあります。また、ダニやノミを保有しているため、人間やペットへの健康被害もあります。 ハクビシン駆除は、自治体への届出が必要になりますが、専門の業者に依頼すれば、届出等も任せることができます。

ハクビシン駆除の方法と注意点について

ハクビシンは法的な駆除対象にはなっていないため、実害がないと駆除することができません。被害にあって駆除する場合にも、自治体への届出が必要になりますので、注意が必要です。 ハクビシン駆除は、屋内にいる場合には、忌避剤を散布したり燻煙して追い出すか、罠をセットして捕獲します。屋内にいない場合や、ハクビシン駆除の後も、侵入を防ぐ対策をしなければいけません。ハクビシンは4cmほどの隙間があると、入り込みますので、ネットなどを使って隙間をふさいでおきます。また、屋根に移動できそうな木の枝は剪定して、侵入経路をなくします。餌になるようなゴミを庭先などに放置しないよう気をつけることも大切です。缶ジュースなども洗ってから捨てるようにします。